お知らせ, スタッフブログ
news

社長ブログ「高性能エコ住宅の一日」

2023.10.23

ラルゴハウス社長の安齋です。

 

V2Hってご存じですか?

「クルマ(Vehicle)から(to)家(Home)へ」を意味していて電気自動車のバッテリーを蓄電池とし、太陽光で発電した電気を溜めこみ、発電できない夜の間は自動車に溜めた電気を使う。

というようなカタチで使用する全ての電気を太陽光発電でまかなうことを理想としたシステムです。

これとエネルギー消費の少ない高性能でエコな家を組み合わせると上記のような理想に近づくことができます。

 

このV2Hシステムはまだまだ普及はしていませんが将来的にはスタンダードになるとラルゴハウスは考えています。

 

「で、実際どうなの?」という声。ごもっともだと思います。

 

なので

自宅にV2H付けました。

もちろん

電気自動車(トヨタbZ4X ※リース専用車)も用意しました。

 

それではV2Hのある一日の電気の様子を紹介します。

 

20時過ぎに帰宅。電気自動車を接続しバッテリー残量は72%

買電がわずか0.2kwというところに注目していただきたいですね。

 

23:00

買電は変わらず0.2kw。電気自動車のバッテリーから給電しているため残量が69%に減少しています。

 

朝7時頃

太陽がでてソーラーパネルが発電を始めています。発電した電気を使用しながら、残りを電気自動車の充電に回しています。

バッテリー残量は65%。夜間で7%の電気を使用した計算になります。

 

お昼11時頃

日が高くなり発電量が多くなります。家の中で使用する電気はまかなえているので電気自動車のバッテリーをぐんぐんチャージしていきます。

 

その後はまた日が落ちてから帰宅して接続という流れです。

 

この日は撮れなかったので別日ですがもう一枚見ていただきたい写真があります。

バッテリーは過充電を防ぐために80%までしか充電されないので実質満タンの状態です。

この状態になると使い切らない電気は売電にまわります。

この売電が家計負担を減らします。

 

いかがだったでしょうか?

エコな仕組みであることを実際に検証した結果でした。

次回は実際の光熱費がいくらだったかをご紹介します。

 

気になったかたはお気軽にお問い合わせください。

ご連絡はコチラまで!

株式会社ラルゴハウス

〒342-0041

埼玉県吉川市保479-1

フリーダイヤル:0120-84-3451

宅地建物取引業者番号:埼玉県知事(2)第 22985 号

建築工事業番号:埼玉県知事(般 -31)第 58938 号